明倫学区にあるマンションの連絡ツール


by MMnetwork

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

MMN主催の着物着付け教室のご報告

きものは日本の文化であり日本の民族衣装です。
ここ明倫学区では祇園祭を保存し継承してゆく重要な文化があります。

きものをお祭りの時はもちろんオシャレのレパートリーにも入れて頂きたい。
そんな思いを持って
文化祭の折に京都芸術センターで「きもの講習会」を開きました。参加者みなさん揃ってきもの姿で1階広間に出向き柳水のお茶席を楽しみました。意義あるひと時でした。

初めての方、すこし着られるけれど・・・の方
美しく着られるようになるには時間もかかりますが、
着物姿には大切な文化があります。
おけいこを重ねているうちにきものの良さを感じるようになります。
第2回、3回と きもの講習会を計画しております、時期は未定ですが
近々ご連絡できると思います。

今後の予定の一つに
祇園祭のために「ゆかた講習会」をします
5月、6月、7月と3回の予定です。
参加の方には着くずれを直したり、
帯のアレンジができるチケットを考えています。

みなさんと一緒になって楽しい講習会になるよう願っています。
(記:福島照美)
# by mmnetwork | 2011-12-18 00:26 | お知らせ

明倫文化祭サッカー教室の開催

11月27日の明倫文化祭にて、サッカー教室が、MMNと立命館大学石原ゼミとの共催で下記の通り実施されました。

日 時2011年11月27日(日)9 時30分

場 所京都芸術センター グラウンド

運営スタッフ(22名)
明倫マンションネットワーク(MMN)4 名
明倫自治連合会役員2 名
立命館大学石原ゼミ学生8 名
立命館大学サッカー同好会学生8 名

参加人数 子供20 名(内:飛び入り参加 3 名)

進 行    
9 時      開門 設営開始 
9 時 30 分  受付開始
10 時      開会式
10 時 20 分  準備体操/練習開始(参加者を3班に分ける)
10 時 40 分  ゲーム開始
 ①1 班 対 2 班
 ②1 班 対 3 班
 ③2 班 対 3 班
 ④子供 対 大学生
11 時 50分   閉会式
12 時      グラウンド整備、後片付け

MMNは、明倫学区の各マンション間の交流とそれぞれのマンションでのお悩み問題を互いに持ち寄り、話し合い、知恵を出し合って解決をはかろうとの目的で誕生した明倫自治連合会の、一委員会です。 MMNは役員の人数不足も有り、組織体制も整備途上です。マンションにお住まいの皆様にMMNに関心を持っていただき、ぜひ御参加、ご協力をお願い致します。

今後も年に数回、今回の様なイベントを開催出来ればと考えております。飛び入り参加の子供さんは、文化祭の展示作品を見に来られたお母さんと一緒に来た3人きょうだいで、ぜひサッカーがしたいと言う事での参加です。

最後に今回のグラウンド使用に当り奔走頂きました明倫自治連合会体育振興会の北川様、子供達を指導していただきました立命館大学の関係者の皆様にお礼申し上げます。
(記:杉浦)
# by mmnetwork | 2011-12-18 00:21 | お知らせ

MMNブログ再開

■新体制でのMMNのご挨拶
平成23年7月1日付けでMMN委員長を仰せつかりました、田原陽子でございます。
MMNのブログ更新をしばらくお休みしておりましたが、今回初めて書かせて頂きます。

MMNは、今年度より明倫自治連合会の一つの委員会として承認されたものです。なおMMNの目的、活動内容は今までと変わりがありません。

■明倫マンションネットワーク(MMN)ご参加のお願い
私たちは、明倫学区内のマンションにおける大規模修繕、管理組合の運営・管理規約、防災・防犯、一人暮らし、駐車場管理、住民間の騒音問題、隣接マンション間協議、震災時に対応すべく防災対策等々を共に相談し合ったり、親睦パーティ、子供向けの交流会、その他様々な講演会などを企画し、より楽しく充実したマンションライフをお送りいただくための様々な活動をしております。

私たちのマンション生活の向上は、マンションの価値を高め、永住希望を増進させ、地域全体の価値の向上に繋がり、豊かな人生を生み出します。明倫学区の20(現時点)のマンションが交流することで明倫学区の未来はとても人間味にあふれた、住み良い、文化の香り高い地域となると思います。

価値ある明倫学区で、より一層グレードアップしたマンション生活を共に作り上げて行きませんか?

我々一同、一人でも多くの方々のご参加を心より願っております。

■第4回MMN交流会の結果ご報告
日時:平成23年7月23日(土)18:00~20:00
場所:明倫自治連合会館
内容: ①京都の祭礼と地域行事(福井大学 田中 志敬 助教)
    ②三条室町パークホームズの大規模改修工事について事例報告
    ③意見交換会(出席者全員)

出席者は24名でその内初めて参加された方が9名もおられました。
②では、マンション住民に関心の高い身近なテーマ「大規模修繕工事の事例報告」だったので初めてのご参加が多かったと思います。
講師も三条室町パークホームズの住人の方で、新築時から管理組合の運営に関わってこられ、修繕積立金の値上げ等いくつかの改善をされてきています。
貴重なお話しで、参加された方からたくさんの質問が出て、活発な意見交換会となりました。

■明倫文化祭でのMMNの活動のご報告
明倫文化祭が平成23年11月26日(土)・27日(日)両日、京都芸術センターで開催されました。その際のMMN活動報告は下記の通りです。

①セミナー「管理組合の大規模修繕工事におけるコンサルタントの役割」
講師:㈱リノシスコーポレーション 取締営業本部長 佐藤 成幸氏
②明倫秋のサッカー教室・・・運営サポート・立命館大学政策科学部石原ゼミ
③きもの着付け教室・・・講師:福島 照美(MMN役員)

①セミナーの参加者は15名でした。初めてのご参加が6名で、明倫学区以外からも4名のご参加がありました。表記のテーマについて、講師の佐藤氏からプロジェクターを使った分かりやすい1時間の講演でした。

②ではその後、活発な質疑応答と議論が行われました。参加者のセミナーに対する反応は大変好意的でありました。
【アンケート結果(一部抜粋)】
Q1セミナーの感想・・・とても参考になった(全員)
Q2どのような立場から参加されたか・・・マンション住民(全員)
Q3今後やって欲しいセミナーのテーマ・・・管理規約改正・管理委託契約書について
Q4ご自分のマンションで相談したいこと・・・規約の改正・委託契約の見直し
Q5今後MMNに期待する事・・・中京区のネットワークに発展して欲しい
Q6その他・・・複数の管理組合で大規模修繕工事に取り組む発想は、新鮮でした
(記:田原陽子)
# by mmnetwork | 2011-12-14 18:48 | お知らせ

新体制へ

MMNは1周年を迎えました。

この1年、このブログで、私は、MMNとは何か、その存在意義は何か、明倫の一人一人のマンション住民にどのように貢献することができるのか、また、明倫のマンション以外の住民にどのように貢献することができるのか。このことを考え、伝えていくことを最も大きな役割と考え、記事を書いてまいりました。

明倫学区、という非常に限定された領域を対象とするこのブログですが、アクセス数を見ると、驚くほど多くの方々に読んでいただいたことがわかります。有難うございます。

この1年で、上述の目的をそれなりに果たせたと自負しています。今後はその礎のもとに様々な方向へと発展させていければと思います。

任期の1年を終え、これを期に、私、中島康はMMN役員と委員長の座を退きます。MMNは7月から新たな役員のもとに運営していきます。

このブログの読者となっていただいている多くの方々に感謝しています。今までは私ひとりが記事を書いてきました。又、皆さんからコメントもいただきましたが、その数は非常に少ないものでした。ですから皆さんは読者に徹して下さっていたのです。

今後は新役員による記事の投稿がなされる予定です。読者の皆さんも是非、ご遠慮なく忌憚のないコメントをお寄せください。今後は本来のブログとして様々な意見を交換し合える場としてご活用くださることを願っております。

有難うございました。
(記:中島康)

# by mmnetwork | 2011-07-01 14:27

第3回MMN評議会に是非お越しください

5月21日(土)14:00から2時間ほど第3回評議会を開催します。
今回は私の住まうマンション、コンフォール室町黒主山の管理運営改善の報告をさせていただきます。

私のマンションは管理運営の優等生のマンションではありません。むしろ理事会も不活性で総会出席率も少ないのです。そんな中で如何に管理運営を大きく改善してきたのか、お話したいと思います。是非ご自身のマンション運営にもお役立ていただきたいと思っています。

又、マンション防災避難ワンポイントアドバイスも行ないます。
(記:中島康)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明倫自治連合会
第3回明倫マンションネットワーク・評議会のご案内

①マンション防災避難ワンポイントアドバイス
②管理運営改善の知恵袋
・・・コンフォール室町黒主山の場合

今回は上記の2つの講演を行い、続いて、参加者みんなでご自分のマンションのことなど語り合って、共に考え、共に知恵を生かしていこうとする会を開催します。皆さんお気軽に出席していただき、大いに語っていただきたいと思います。

日時:平成23年5月21日(土)14:00~16:00
場所:明倫自治連合会館(旧明倫幼稚園・芸術センター向かい)
内容:
14:00~ご挨拶
14:05~マンション防災避難ワンポイントアドバイス
(福井大学助教:田中志敬)
 14:20~管理運営改善の知恵袋、コンフォール室町黒主山の場合
(MMN委員長:中島康)
 15:00~ 意見交換(出席者全員)
 15:40~ まとめ
参加対象:
明倫学区内のマンション管理組合理事長、明倫学区内のマンションにお住まいの方  (事前申込不要)

≪お問合せ≫ 
明倫マンションネットワーク(中島) ℡.090-1074-8649
E-mail: koh-naka@mx4.canvas.ne.jp
(田原) ℡. 090-8217-8761
E-mail: tahara614@k.zaq.jp
明倫マンションネットワークブログ http://mmnetwork.exblog.jp/

# by mmnetwork | 2011-05-16 21:04

MMNの自立

MMNは明倫自治連合会の中の組織ですが、今年3月末までは、自治連合会内まちづくり委員会の中の組織として活動してきました。一つには、まだマンション住民の団体が自治連合会の中で、自立した組織として認められるには至っていなかったのです。また、この明倫学区のマンション住民で明倫自治連合会の活動全体を見通せる人材がほとんどいなかったのです。

私もその一人でした。だから自治連本部役員やまちづくり委員長などの方々に色々アドバイスをいただきながら運営してきました。そして、2011年3月14日明倫自治連合会の期末総会において、MMNが自治連のなかの独立した委員会として発足する議案が本部より出され、満場の拍手で可決されました。

私にとっては感無量でした。この地域は保守的排他的な性格が強いと聞かされていましたし、この地域にマンション建設の話が伝わるたびに反対運動が繰り返されてきたとも聞いていましたので、各町の町会長や各委員会の代表の集まる総会の場で満場の拍手をいただけたとは何と素晴らしいことでしょうか。

MMNは明倫のマンション住民をその構成員とし、マンションの管理運営についての助け合いのネットワーク活動をしていますが、これで終わりではありません。これはきっかけに過ぎません。マンション住民の皆さんにまずは御自分のマンションの運営の改善に目を向けていただき、そこからマンション同士の助け合い、さらに明倫全体のまちづくりへと視野を広げていってもらいたいというのがMMNの活動趣旨なのです。

2011年3月21日の京都新聞には、MMNが全国的にも例を見ない先行事例として高く評価する記事が掲載されました。今後はこれを育て上げていくことが課題です。長い時間がかかると思いますが、個々人にとって、このまちが自分の町として、癒されるまちになっていくことを願っています。
(記:中島康)

# by mmnetwork | 2011-04-25 21:34

緊急防災訓練

大変な大規模の地震が発生してしまいました。
明倫自治連合会・明倫自主防災会では緊急の防災訓練が企画され、明日、3月14日(月)午後6時~6時45分、明倫自治連合会館(元明倫幼稚園)にて、行なわれます。内容は「避難所生活等について」です。
是非ご参加ください。

*緊急・明倫学区防災訓練「避難所生活等について」
   2011年3月14日(月)
   集合、午後6時、明倫自治連合会館(元明倫幼稚園)

また、マンションでは、各マンションのセキュリティーの現状に応じた防災非難についてのレクチャーなどを、管理会社に要請などして企画されることを、是非お勧めします。
(記:中島康)

# by mmnetwork | 2011-03-13 20:11

「衣笠グリーンハイツ38年の歩み」・・・評議会報告

2011年1月23日(日)19:00、厳寒の中、又、遅い時間帯にもかかわらず「衣笠グリーンハイツ」副理事長の沼田弘子さんをお招きし、明倫学区マンション住民とともに活発な話し合いが行なわれました。

明倫学区のマンションは一番古くて築15年ほど、一番大きくて135戸ほどです。
一方、衣笠グリーンハイツは北区衣笠学区のマンションで、築39年、146戸です。ですから明倫学区には類似のマンションはありません。ただ、衣笠グリーンハイツは、京都にまだ管理組合という概念すらなく、建築物の設備なども非常に古いもので建設されました。だからこそ、この39年間に、ありとあらゆるマンションの問題を経験され、その都度、試行錯誤を重ねられながら、今も見事に管理運営を続けられ、マンションを育てられています。

その管理運営手法には独特のものがあります。管理規約の内容、新入居者に対する対応の仕方、専有部分の改修工事への理事会の対応、マンション売却の仕方、賃貸にする時の制限、等々、マンション理事会は稀に見る積極的な活動をされています。まだ管理組合の概念すらなかった頃から試行錯誤され、手作りで運営されてきたからこそ今の体制が実現できているのです。

まだ若い明倫学区のマンションは、衣笠グリーンハイツの管理運営をそっくり真似することはほぼ不可能に思われます。また、真似をするのがよいとも言えません。

この大先輩のマンションが今までどのような問題に直面し、それを如何に乗り越えてこられたか。これは、まさに、ある大先輩の生きざまを知ることです。

一人一人の生きざまはそれぞれに違い、真似をすることはできません。しかし、大先輩の生きざまに学び、自分の生きかたの指針とすることができます。

この明倫学区は非常に短い期間に集中的にマンションが増えてきました。その同世代が助け合うことは非常に大切です。又、一方でこの地区は最も古い伝統を保存している場でもあります。その大先輩の知恵に学びながら、新しい生きかたの指針とする可能性はまさにこの地域の潜在力だと思います。(記:中島康)
# by mmnetwork | 2011-02-14 20:16

第2回明倫マンションネットワーク・評議会のご案内

「衣笠グリーンハイツ38年の歩み」


 明倫マンションネットワーク(MMN)は、明倫学区内のマンション同士の横のつながりを活かしながら、マンションに共通する課題を共に考え、助け合うネットワークです。評議会は、理事長さんはじめ各マンション管理組合からご参加いただき、課題や悩みを話し合う場です。今回は、「衣笠グリーンハイツ」の副理事長、沼田弘子さんにお話をお伺いし、意見交換を行います。築後38年間にどのような課題が起こり、どのように対処されてきたのか、参考になる部分がきっとあると思います。どうぞご参加くださいませ。


日時:平成23年1月23日(日)19:00~20:30
場所:明倫自治連合会館(旧明倫幼稚園・芸術センター向かい)
内容:
  19:00~ ご挨拶
  19:05~ 「衣笠グリーンハイツ38年の歩み(仮)」
衣笠グリーンハイツ 副理事長 沼田弘子氏
  19:45~ 意見交換
  20:25~ まとめ
対象:明倫学区内のマンション管理組合理事長・管理組合役員の方・
明倫学区内のマンションにお住まいの方


≪お問合せ≫ 
明倫マンションネットワーク
(中島) ℡.090-1074-8649
E-mail: koh-naka@mx4.canvas.ne.jp
(田原) ℡. 090-8217-8761
E-mail: tahara614@k.zaq.jp
明倫自治連合会まちづくり委員会
(井上) ℡.255-7926  Fax.255-7936

# by mmnetwork | 2011-01-13 21:18

今年度の避難訓練ー負傷者の救助

11月13日、14日、明倫文化祭が開催された。この文化祭のイベントの一つとして、14日には防災避難訓練が行われた。昨年度まで、自主防災会が主催されていたこのイベントは、今年度はMMNとの共催として実施された。
各マンションで火災警報を発報し、それに従い、各マンションのエントランスに集合し、そこから誘導の上、芸術センターに全員集合した。そこで、消防署、逓信病院のご指導の下、三角巾を使った負傷者の応急手当の方法、シーツを使った負傷者の応急搬送の方法を学んだ。

大規模災害が起これば、各マンション内では警報が鳴り、あるいはセキュリティーシステムが作動するだろう。そこからはどうなるのか。セキュリティーの業者とは連絡もとれず、来てくれるわけもない。消防署も動きがとれず、接近する道もないかもしれない。まずは、自分たちで身を守らなければならない。

このような万一の場合、負傷者の応急手当、応急搬送は、果たして住民の間でうまく機能するだろうか。

前回、隣人愛に関わる聖書のエピソード(ルカ10章)を紹介した。再度このエピソードを思い出してみたい。
ある人が負傷して道に伏していた。ユダヤ教の祭司が彼を見たが、無視する。おそらく彼が異教徒だったからである。次に、レビ人が彼を見たが、そのレビ人も無視して通り過ぎる。おそらく彼がよそ者であったからであろう。ところが、あるサマリア人が来合わせ、彼を手厚く介抱する。その地では、サマリア人は異教徒であり、よそ者とみなされていた。その当のサマリア人が、彼を助けたのである。

負傷者を手当てすることをしなかった者達の理由は何であったか。愚かな人間関係のしがらみと排他主義である。

今回も避難訓練には100人を越える参加者があった。普段はこのまちに無関心に見えるマンション住民も、いざという時にはその大多数が良きサマリア人となると、私は確信しています。(記:中島康)

# by mmnetwork | 2010-12-05 21:32

カテゴリ

全体
お知らせ
イベント
相談
未分類

以前の記事

2011年 12月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

最新の記事

MMN主催の着物着付け教室の..
at 2011-12-18 00:26
明倫文化祭サッカー教室の開催
at 2011-12-18 00:21
MMNブログ再開
at 2011-12-14 18:48
新体制へ
at 2011-07-01 14:27
第3回MMN評議会に是非お越..
at 2011-05-16 21:04

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧